ブログトップ

たま木工商店  … やんばる暮らし …

tamamoku.exblog.jp

大好きな郵便屋さん

b0112037_21455785.jpg


この村に暮らして、嬉しかったことの一つ。
とても親切な郵便屋さんと顔馴染みになったこと。
いつも挨拶を交わすたび、いいなぁ、いい気分だなぁと感じていました。

数年前、私たちが村内で貸家を探そうとした時も(見つからなかったけれど)、とても力になってくれました。
私が仕事が決まった時も喜んでくれました。
私のお祖父ちゃんの家(旧羽地村)ことも知っていて、話をしてくれました。

工場長も、まだバスに住んでいた頃…
夏にバスを修理していたら郵便局のタオルをくれたそうです。

休みの日に会うと「今日はお二人でお出かけですか〜?」と笑顔で話しかけてくれます。


田舎の忙しさに流されていると、こんな優しさでまた救われます。

今日も、サプライズなギフトがありました。

民営化以降、郵便局の評判はあまり思わしくないけれど…
私はこの村の郵便配達員さん達も応援しています。


いつまでもこの村に勤めてほしいなぁ。

(写真は以前、郵便屋さんにいただいたPOST貯金箱)
[PR]
by tamamoku | 2009-08-12 21:48 | better days
<< 家内制手工業 と、流れ星。 新米おいしい。 >>