ブログトップ

たま木工商店  … やんばる暮らし …

tamamoku.exblog.jp

やんばるの夜、那覇の夜

今夜も、
夜空には、たくさんの星
じっと見つめる時間さえあれば、流れ星も光る。
ここはやんばる、森の中の集落。



昨夜は、
6月に行われた“2008木工家WEEK in NAGOYA”のつながりで
幸運にもお知り合いになる事ができた工房斎の齋田さん、工房塩津村の井崎さんとその御一行様と夕食をご一緒するため、工場長と一路那覇の夜へ。








はじめてお会いする方も多かったので、
実はとても人見知りな私は、緊張しながらも(工場長はほとんどトークできないので)はりきって挨拶におしゃべりにと、シラフにも関わらずテンションが高かったはずです。失礼はなかっただろうか。
(※工場長には、人と会話する為の学校にでも通ってほしいものです。)

井崎さんの工房の卒業生を訪ねる為、工房の慰安旅行的?な沖縄旅行との事。
おしゃれな沖縄料理屋さんにてサプライズのプレゼントもあり、唄って踊って笑って沖縄らしい楽しさと、木工の話もぎゅぎゅっと詰め込まれ勉強にもなった一時でした。

夜の街で、「また会いましょうね」 と皆さんと温かな握手をして、お別れした後

工場長と「那覇まで来てよかったねぇ。」「良かったねぇ。」
と話しながらネオンの眩しい那覇の夜を
いい気分で帰路に着きました。


みなさん、本当にどうもありがとうございました。
次回は、是非やんばるへお越し下さいね。
[PR]
by tamamoku | 2008-10-22 21:15 | better days
<< 忙しく、少し切ない夜に 秋のやんばる路 >>