ブログトップ

たま木工商店  … やんばる暮らし …

tamamoku.exblog.jp

カテゴリ:お手入れ・修理( 5 )

スマイルスプーン!

沖縄は一足先に梅雨が明け、夏本番な日々が始まっています。
内地はもう少しの間、梅雨が続く季節です。

この時期に、オイル仕上げの木の道具(カトラリーや器、お皿など)のメンテナンスを毎年紹介していますよ。
オイル仕上げの木は呼吸しています。
カビがついてしまうのも、そのためですね。

今回のメンテナンスは湿った日々の続くこの季節に、ハッと気がついたら黴びさせてしまった場合と、スプーンが欠けてしまった場合を同時進行でメンテナンスです!!


準備するもの。

①植物性オイル(クルミ油なければオリーブ油でも。)
②ウエス(キッチンペーパーでも。)
③サンドペーバー(240番と180番)



写真は、口に当たる部分が欠けてしまい、しかも下が少しカビで黒い点々が出来ているスマイルスプーンです。
b0112037_22414763.jpg

まずは思い切って180番のサンドペーパー(紙やすり)で豪快にこすりながら削り、形を整えます。
整ったら、次に下の黒ずみを同じく180番で削ります。

コツは大胆に削ることです!少々形が歪んでいても大丈夫!



すると…
このように、一回り小さな可愛らしいスプーンに。
追記:仕上げに、全体を240番のサンドペーパーで磨き上げます。
b0112037_22423710.jpg

この状態から、オイルをキッチンペーパーにしみ込ませて塗っていきます。たっぷり塗って、馴染むまでしばらく置いて拭き取ります。
b0112037_22425456.jpg

完成!
艶が戻って、木の表情も豊かに美しいです。
b0112037_22425061.jpg



カビさせちゃってゴメンね。と声をかけてから、また日々の食卓で活躍してもらいましょうね。
オイルメンテナンスは、木の道具と長く付き合うためのコミュニケーション。スプーンもニッコリ♪

これからも、どうぞよろしくね。
[PR]
by tamamoku | 2013-06-25 23:13 | お手入れ・修理 | Comments(0)

納車

[カーピットtamamoku]

依頼者は、お父さんに抱っこされたカワイイ男の子。
修理を頼まれていました、車の納車です(リュウキュウマツ製)。

今回ばかりは、工場長も納期の順番を優先して修理。

本日郵送いたしました。

またいっぱい遊んでねー!!


今回のケースの修理内容は、後輪がひとつ外れていたので、両方の後輪を交換です。
b0112037_13322117.jpg




参考までに…
今回は、展示会で直接持ってきていただき、その場で相談、
送料(郵便を希望)込みで、修理代800円いただきました。
(郵便、ゆうパック、レターパック等から選んでいただきます。)


おもちゃでも、その他の道具でも、修理ができる限りは、何度でもさせていただきます。お気軽にお問い合わせ下さいね。

愛着をもって、使っていただける事を心より願っております。
[PR]
by tamamoku | 2012-09-07 13:50 | お手入れ・修理 | Comments(0)

寒いですね

沖縄も寒い日が続きます。

昨夜は、とくに寒かったです。
夜中に起きた娘の手は、氷のように冷たかったです。


雨さえ降っていなければ…
そんな震える寒さの中でも、毎日元気に散歩散歩。



b0112037_214543100.jpg



子どもが外で遊ぶときに見せる表情は、何とも言えないですよね。

心身の光りが笑顔に映っているようです。
[PR]
by tamamoku | 2012-02-09 22:01 | お手入れ・修理 | Comments(2)

続・お手入れの仕方

そろそろ夏も終わり。。。

季節の変わり目に、木のカトラリーのお手入れはいかがですか?

オイル仕上げの木の製品は、気づけば乾燥して白っぽくなっている。表面が、カサカサしている。
少し先がカビてしまった…など、メンテナンスが必要ですね。


b0112037_1441542.jpg



用意するものは…
・木のスプーン、お箸など(乾いた状態)
・家庭で使用している、食用のオリーブオイル(植物性のオイル)
・ウェス(油をしみ込ませる布)または、キッチンペーパー
・サンドペーパー(紙やすり)240番くらい
※カビなどを削り取りたい場合は150番くらい


①木のスプーンをサンドペーパーで磨く。
②オイルを布やキッチンペーパーにつけて、スプーンに塗る。
③しばらく置いて、しみ込ませてから、布などで余分なオイルを拭き取る。

これで、完了です!!
メンテナンス後は、買った時のように木に艶がもどり、なんだか心も満たされる感じがしますよ。

夏の紫外線でダメージを受けたお肌をいたわるように…
気がついた時、やってみて下さいね。



当店では、有料になりますが修理なども行っております。
(※その商品の状態をみて、直せない場合もあります。可能な限り修理をしています)
例えば、欠けてしまったものは¥700〜。

リピーターのお客さまは、よくイベントの際に商品を持ってきて頂いて「直せますかー?」と声をかけて下さいます。
お皿が欠けてしまった。
こどもがスプーンを噛んで割れてしまった。
などなど、状態によりますが直せるものも多いです。

是非、お気軽にお問い合わせくださいね。
[PR]
by tamamoku | 2011-09-30 14:34 | お手入れ・修理 | Comments(0)

長くお使い頂くために ・part1

うちのカトラリーのお手入れ風景
晴れた日は… たまには日光で乾燥させたり、お手入れする時間を作ってみて下さいね。
b0112037_20472434.jpg


【お手入れ法】
木のカトラリーは、木の自然な風合いを活かしつつ、口に触れる製品なので、体に無害な亜麻仁油を主体とした自然素材のオイルを塗って仕上げております。オイル仕上げは、使いはじめのうちは木を保護している油膜が乾いてなくなっていきます。
そこで簡単なお手入れが必要になります。「木に艶がなくなってきたなぁ」「表面が白っぽくカサカサになってきたなぁ」と感じましたら

①木がよく乾いている状態で、ご家庭で使っている植物性のオイル(オリーブオイルorゴマ油等)で構いませんので、オイルを木に馴染ませます。
②10分ほど置いてから布で拭き取り、1日置いてから再びお使い下さい。

お手入れを続けながら、使い込んでいくうちに木は色艶を増して強くなり、取り扱いもだんだん楽になっていきます。(目安として月に1回。取り扱いによってはこまめなお手入れが必要になります)

できれば、メンドクサイとは思わないで…
みなさんのお手入れが、楽しいひと時になりますように。

ご使用後は…
長時間、水やお湯につけて置くのは避けて下さい。軽く洗った後は(なるべく洗剤の使用は控えて水洗いで。匂いが気になる時は重層を振りかけておくといいですよ。)出来るだけ水気を拭き取りよく乾燥させて下さい。当店では、暮らしの中の道具として愛着をもって長くお使いいただけることを願っております。
[PR]
by tamamoku | 2007-11-16 21:16 | お手入れ・修理 | Comments(0)