ブログトップ

たま木工商店  … やんばる暮らし …

tamamoku.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

毎日おやつ

おやつ作りもいつも一緒に。
少しづつ、なんとなく上達しています。

集中力が続くわけでもありませんが、嬉しそうに真剣に取組みます。
その一瞬に懸けているエネルギーの素晴らしさ。
だから、子どもはみんな輝くんだな。

b0112037_23485369.jpg


クッキーを成形して、トースターに入れると泣きます。
熱くなって食べられなくなるから(笑)

なので、これまた一生懸命にフーフーして…

b0112037_23473853.jpg


その場でアチコーコーを食べましたよ。
時間は倍かかるけど、いつも一緒に作ります。
まだ2歳。
こんな記憶が残るのはもう少し後だね。
[PR]
by tamamoku | 2013-04-26 23:47 | 毎日ご飯

人気!

「毎日ご飯」のカテゴリーをサボっていますが、毎日ご飯作っていますよ(笑)。

以前も書きましたが…
instagram(sns)でkayoringcoとゆう名前で、ほぼ毎食ご飯写真を投稿しています。
人気があったこの日の写真を。

b0112037_2337548.jpg


よくよく見ると
お皿の木目もキレイに出ていていいな。
おにぎりの海苔もパリッとしているしね。

メニューは、サラダと、野菜とペンネのミートソースでした。
[PR]
by tamamoku | 2013-04-22 23:32 | 毎日ご飯

4/29きとねいち・5/3おにわ市に参加します

今年もゴールデンウィークがやってきますね!
みなさん、ゴールデンに楽しみましょう♪
大忙しの工場長は休みなしです(笑)



まずは…

はるのきとねいち
日時:2013年 4月29日 (月/祝) 12:00~20:00
場所:読谷村文化センターです!!
荒天中止 (開催情報はきとねいちブログにて)
主催/青い森

「コアなメンバー(ダイキさん談)」で開催される模様です。
ブログで出店者発表まだされていませんが、たま木工も参加させていただけることになりました!
初めての場所楽しもうっ。ワクワクっ。

b0112037_2145844.jpg



そしてお次は…

丘のチャペルのおにわ市。for 3.11children.vol.5
2013年5月3日(金/憲法記念日)11:00〜16:00
沖縄キリスト教学院キャンパス中庭
*荒天中止、雨天決行(雨天時は教室等にて)

おにわ市の趣旨に賛同し、参加して社会貢献できることに毎回心から感謝しています。

買う人も売る人も、日々の生活のの延長線上に
ほんの少しでも誰かの役に立つことがあるのなら、
そんな自然体のスタンスで・・・
この春も、あのときと、変わらぬ想いで開催します。


b0112037_21433418.jpg



【おにわ市の趣旨】
2007年から2010年の間に5回開催してきたおにわ市。は、以下の趣旨、コンセプトで開催してきました。
1) 自然の恵み・天然素材を生かした物づくりの楽しさ・喜びを分かち合い、日々のくらしの足もとに根を下ろすきっかけ作り。
2) 次世代(子どもたちの未来)に残していきたいモノ・コトをみんなで考えるきっかけ作り。  
3) 作り手と買い手が直に出会える場、小さな幸せが、行ったり来たりするような関係作り。

上記の市本来の趣旨に加え、 「for 3.11children.」では、おにわ市。事務局の全収益(皆様からの出店料)や 来場者から募らせていただく募金を、東日本大震災によって被災した子どもたちの支援に繋げることを目的とします。
(おにわ市ブログより抜粋)



今年は、沖縄の梅雨入りの行方へは…。
天気の良い日々を願って
楽しい休日になりますように!!

たくさんの方にお会いできるの楽しみにしております。
[PR]
by tamamoku | 2013-04-17 22:18 | news

言葉を…

娘が言葉を語り出したのは2歳と4か月の頃。

1歳前後で話す子もいる中、ずいぶんのんびりしています。
その後すぐに話せるようにと思いきや、未だにのんびり。

それでも、確実に言葉を得ると同時に伸びやかに成長しています。



b0112037_22505740.jpg


人と言葉の関係の不思議。

言葉のない世界を生きる幼い娘をいつも想っていました。
ファンタジーの中を生きる娘を。


我が家には、太陽系の惑星が描かれた青いボールがあります。
地球を指差して「地球に住んでいるんだよ」と教えています。
昨日いつものように「どこに住んでいるの?」と聞くと、前から地球を指差してはいましたが、初めて「ちきゅっ」と言いました。
今日は「雨降ってるねー」というと、「あま たったぁ」(あめ ふってる)と初めて2語続けて話しました。


いつも私を別世界に誘う娘と暮らす日々は
いつでも「今この瞬間しかない」ことを教えてくれます。


いまここにありがとう。
[PR]
by tamamoku | 2013-04-12 23:31 | better days

NIPPONの47人2013 CRAFTに参加します

D&DEPARTMENT PROJECT
NIPPONの47人 2013 CRAFT
b0112037_22514985.jpg


日時:2013年4月25日(木)〜5月28日(火)
   11:00〜20:00(入場は19:30まで)

場所:d47 MUSEUMにて
※ 入場無料  

47都道府県のテーブルを常設する、d47 MUSEUMではこれまで、「旅行」「アクセサリー」「グッドデザイン賞」など様々なテーマを設け、その土地に行けば当然のように目にするものや、意外なその土地らしさを感じるものを展示販売することで、47の日本の個性を表現してきました。第6回企画展となる今回は「NIPPONの47人」のシリーズの1回目として「クラフト」の分野から、若い感性の作家47人を作品とともに紹介し、展示販売を行います。

いま日本各地ではクラフトに関する新しいイベントが生まれ、日々の暮らしに意識を向けはじめた人々が増えています。好きな器や道具と出会い、自分の生活に作り手の顔が見えるものがひとつずつ増えていくことは、ものを大切に扱う気持ちを生み、永く使う、壊れたら直す、作家に会うためにその土地を訪れる、そんな心を育んでくれます。

一方、若い感覚を持った作り手は、感性というアンテナを張り巡らせ、自身の創造性と社会の需要をバランス良くミックスし、器や道具に形を変えて自分を表現していきます。こうした活動を続ける彼らからは、継続するための使命感と、地域や国境までも軽く飛び越えてしまう軽やかなセンスと可能性を感じ取ることができます。それは一見すると「その土地らしさ」とはかけ離れているように見えるかもしれません。しかし、それぞれの土地で日々を暮らしながら制作する彼らには、生まれ育った故郷の記憶が創作の原点になっていたり、その土地に昔から、あたり前のものとしてある素材や技術を受け継ぐ環境であったり、今そこにいる理由があります。

47人の個性と作品を通して見えてくる、その土地らしさと日本のクラフトの今を感じて下さい。 
(キュレーター 野口忠典/D&DEPARTMENT PROJECT)




同時代を生きる作家の皆さんとご一緒させていただき、この時代に生み出されるモノをシェアできる機会になりました。
ワクワクするような企画展です!!

このご縁に感謝して、参加させていただくことになりました。

お近くにお住まいの方は、ぜひ足をお運び下さいね。
[PR]
by tamamoku | 2013-04-08 23:12 | news

春休み

春休み最後の週末。
友人家族が、みんなで我が家に遊びに来てくれました!


さっそく、乾杯しつつ始まると
なんだかとてもいい感じ。

b0112037_22321797.jpg



突然の寒波と春の嵐のような風が吹き荒れる中…
みんなで夕ご飯に鍋を囲み、温かなひととき。
あまりにも気持ちよくて、大人は「子どもが寝た後の時間」をお楽しみにしていたはずが、一緒に眠ってしまったのでした…。


そして、気持ちよく迎えた次の日の朝ご飯。
b0112037_22362866.jpg


チビちゃん2人は、仲良く並んでスタンバイ!
なんて可愛い!!

とても心地よい時間でした。
ありがとう、みんなでまた来てね。


「心地よさ」とは「繫がり」
人や、モノや、コト、自然…との繫がりを心から実感することなんだ。
[PR]
by tamamoku | 2013-04-08 22:50 | 毎日ご飯